<   2005年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
3三冊目の本「おりがみしょうよ」発売!
半年前から進めていた、新しい本が発売されました。
もう、書店は並んでいるようです。(ない所もある)
今回は、目玉シールが付いていますし、サイトで紹介していない折り紙も入っています。
タイトルは「おりがみしょうよ」です。
オールカラーで160ページ、日本文芸社発行、
税別価格 1,200円です。
ボリュームのわりには安い価格だと思います。
現在、アメリカでの出版の話が進行中、いまく進めばいいのだが?
ご期待!
e0076591_18424156.jpg

[PR]
by origami01 | 2005-12-31 18:43
東京ミレナリオに行って来た
暮れのイベントのひとつ「東京ミレナリオ」が今年限り
ということなので、家族で行ってきました。
東京駅から、長蛇の列、牛歩の感じで進んでいき、
45分かけてたどりつきました。
さすがに綺麗で、華やか、感動しました。
見れば、折り紙の新しいアイディアが生まれるかなと
思って出かけたのですが、その場では無理でした。
1月の1日までなので、見たいひとは早めに、見て損はしない、
入場無料。
e0076591_21241572.jpg

e0076591_2128266.jpg

[PR]
by origami01 | 2005-12-28 21:28
東北の旅3(花巻~鳴子編)
3日目は賢治ゆかりの地「羅須地人協会建物」を見て、
鳴子に移動した、イヤー凄い雪、一面真っ白、
鳴子に着くとやたらとこけしが目につく、そうそう鳴子は、温泉とこけしの町
いたる所にこけしが立っている、
街中でも、温泉の匂いがプンプンする、湯気も立っている、
別府温泉に行った時のことを思い出した。
雪の中を温泉めぐり、駅で温泉手形を買い、3ヶ所をはしご湯した、
最後に行った「ぬるぬるの温泉」は、温泉気分を満喫させてくれた、
名所をいろいろ廻ったが、雪で歩くのも大変!
鬼首かんけつ泉にはビックリした、10分間隔で湯柱が立ち上がる、
突然、吹いたのであわててカメラを向けたのだが、
その拍子にコンタクトを落としてしまった、最悪なことに地面は雪
あきらめた、帰って、コンタクト屋に直行しました。
e0076591_22361418.jpg

e0076591_22364318.jpg
「羅須地人協会建物」賢治が
農耕生活をするため晩年の
3年間を過ごした住居。






e0076591_22373745.jpg

e0076591_2238027.jpg

e0076591_22382886.jpg
「鬼首かんけつ泉」弁天の湯柱が上がる様子は、
天に昇る竜に表現され、吹上温泉の名前の由来に
なっている。
[PR]
by origami01 | 2005-12-20 22:52
東北の旅2(花巻編)
花巻といえば、私の大好きな宮沢賢治で有名なところ
かねがね一度は行ってみたいと思っていたやさきに、仕事が回ってきた
超ラッキーだったが、行って見れば大雪、右も左も真っ白、
転ばぬように、ヨタヨタ歩きしながら、「宮沢賢治童話村」「宮沢賢治記念館」
「宮沢賢治イーハートーブ館」「羅須地人協会建物」など一連のイーハートーブの世界を
一通り取材しました。
また、花巻は花巻温泉でも有名です、ホテルの露天風呂で雪を見ながら、
浸かった湯は最高でした。
次回は、花巻よ鳴子
e0076591_1143669.jpg

駅の前のロータリーに有る賢治の童話をイメージした彫刻
e0076591_11444256.jpg

「銀河鉄道の夜」の発想が生まれたと言う眼鏡橋、夜に見たかった。
e0076591_11472490.jpg

e0076591_11511669.jpg
e0076591_11515255.jpg

「宮沢賢治イーハートーブ館」賢治のいろんな童話や履歴や思想などを紹介している、
入口の賢治のモニメント、隣りで同じポーズ


e0076591_11555122.jpg「宮沢賢治童話村」賢治の童話の世界に誘う幻想的な空間、証明やオブジェを駆使して
賢治の世界を表現している。

e0076591_124965.jpg

e0076591_122577.jpg



                 
[PR]
by origami01 | 2005-12-14 12:32
東北の旅1(遠野編)
仕事の取材で今回は東北の遠野・花巻・鳴子と回った。
2泊3日の取材旅行、かねがね行ってみたかった花巻にも行けて、
大満足だったが、2日目は大雪で雪景色ばかりの撮影になったのが残念。
遠野は「民話の里」と言われるように沢山の民話があり、沢山の語りべがいる、
わらぶき屋根の古い民家が沢山有り、河童伝説があり、町のいたる所に
河童の彫刻や置物がある。
居酒屋で食べたでっかい「岩ガキ」と「ホヤ」が旨く、印象にのこっている。
e0076591_21433243.jpg

遠野の駅の前で物売りしていたお婆ちゃん、自家製の餅がお勧めだと言われ、1、000円
分買ったら、いろいろおまけを付けてくれた。
e0076591_21443488.jpg

「遠野ふるさと村」古いワラブキ屋根の民家を一同に集めたところ、広い敷地の中を歩いていると、遠い昔にタイムスリップしたみたいな感触になった。
e0076591_2146457.jpg

「山口の水車小屋」田園地帯にぽつんと立つ水車小屋、脱穀や製粉に今も使われている。
e0076591_21463065.jpg

「カッパ淵」後ろにある川に河童が住んでいたと言われる、昔は川幅が広く、ここから
河童伝説が生まれた。
e0076591_21483682.jpg

「語りべ」ちょうど宿泊したホテルに語りべの部屋があり、イロリを囲んで、3つの民話を
聴いた。
[PR]
by origami01 | 2005-12-08 22:11
「菜っちゃんのママ」さんからのメール
菜っちゃんのママさんから写真と文が届きました下記の通りです。

今日は菜っちゃんと相談して「折り紙する日」と決めました。
せっかくなのでクリスマスのオーナメントを作ることに。
年中さんの菜っちゃんには少し難しかったみたいだけど、
頑張って一緒に作りました。
たっくんは・・・折り紙丸めて「のりまきぃ」。

作り方は「おりがみくらぶ」というサイトを利用しました。
オーソドックスなものからいろんな動物、季節の行事モノなど
年中楽しめるおりがみを紹介しています。

不器用な親子が作った今日の作品はこちら↓
e0076591_20264440.jpg

[PR]
by origami01 | 2005-12-01 20:31